それっぽいブログ

日々の生活とか思ったことについて適当に書くブログ

イケてるエンジニアにおすすめな記事

こんにちは

かったー君主催のアドベントカレンダーの記念すべき20日目の記事です

www.adventar.org

イケてるエンジニアになる方法。

イケてるエンジニアになるためには、まず多くのイケてるエンジニアの間で普及している考え、技術、知識を追いかけるといい感じになりそうな雰囲気をそこはかとなく感じます。

そこで、いまイケてるエンジニアの間で流行ってる技術と、流行っている理由について調べて見ると、

  1. タロットカードを用いた占い
    • 発生する問題を事前に予測するのに必要。
  2. お菓子作り
    • 良いプログラムを作るには糖分を摂取する必要がある。
  3. 筋トレ
    • 良いプログラミングをするには筋肉が必要

といった結果になるような気がします。

そこでイケてるエンジニアの間で大流行してるかもしれないタロットカードについての記事を書くつもりでしたが、調べてる途中で飽きました。

なので、2番目に人気かもしれないお菓子作りについてかいていきたいと思います。




今回はオレンジを使ったタルトの作り方を適当に紹介します。

完成形は上にオレンジが乗った感じのタルトになりそうな感じです。

・作る際の大まかな手順

1. タルトの上に乗ってるやつを作る。
2. タルト生地の中に流し込むやつを作る。
3. やく

タルトの上に乗っけるやつは作ってからしばらく置いとくといい感じなのでこの順番で作っていきます。

材料

たぶんこんな感じです。

  • オレンジのシロップ煮
    • おれんじ:4こ
    • オレンジ:150
    • みず:300
  • アーモンドクリーム
    • ばたー:80
    • ラニュー糖:80
    • こむぎ:40
    • アーモンドプードル:60
    • たまご:2こ
  • そこら辺で売ってるタルト生地:18cmくらいのやつ

材料の単位は多分グラムです。

薄力粉とアーモンドプードルは両方ふるいにかけて混ぜ合わせておきます。

作り方

1.タルトの上に乗ってるやつ

オレンジのシロップ煮的なものを作ります。


オレンジを適当に切ります。

切ったオレンジのうち端っこの部分をちょっとだけミキサーにかけてオレンジジュースを作ります。 作ったオレンジジュースは後で使うのでどっかにおいときます。



鍋の中に水とグラニュー糖を入れて沸騰させます。 沸騰したら火を止めて、切ったオレンジを突っ込みます。 オレンジを入れたら適当につまみ食いしながら、気が済むまで煮ます。



オレンジを煮てる間にボウルにバターを入れて床においた後に床暖房をつけます。



オレンジを満足するまで煮たら、ちょっと放置してからタッパーに汁ごと移して冷蔵庫に突っ込んでおきます。



2.タルト生地の中に流し込むやつ

今回はアーモンドクリームにオレンジの味を適当に足したものをつくります


まず、床に放置してあったバターをクリーム状にします。硬かったら適当にツイッターでもしながら柔らかくなるのを待ちましょう。
床暖房がついてないと私みたいに悲しい気持ちになるのでちゃんと確認しましょう。



バターがいい感じになったら残りの材料を適当にぐしゃーっと混ぜます。
材料を混ぜ終わったら、オレンジを切った時に作ったオレンジジュースを適当に混ぜ込んでオレンジ味をつけます。

最後に作ったアーモンドクリームをタルト生地に流し込んで、オレンジのシロップ煮を適当に乗っけます。
この時、オレンジからしっかりと水気を切ってあげるといい感じになります。



3.焼く

やきます。

焼き時間は200℃で30分とかやりました。
焼き具合とか見ながら適当に変えてください。

焼けたら完成です。




今回はイケてるエンジニア的なことをするということで、オレンジタルトを作りました。
食べた感想としては、上に乗ってるオレンジが切りにくいこと以外は満足できる感じでした。

みなさんもお菓子を作ってイケてるエンジニアを目指しましょう。

明日はひらやすマグロさんです。

ホントはPythonで何か作るつもりでしたごめんなさい